ツーリング報告4

上へ ツーリング報告1 ツーリング報告2 ツーリング報告3 ツーリング報告4 ツーリング報告5 ツーリング報告6

ツーリング日記 4

長野栃木東北サファリHTツーリング (2021.4月)

1日目

長野乗鞍高原へ出発。

(21.04.19)●春の桜の季節も大阪では終わったこの時期、まだ東北には桜の残っているところもあるような。●今回は、昨年の6月以来のサファリHT君の出撃をします。●前日には試走として、伊賀上野まで往復200キロ走って、いつもより油圧が1キロも上がらない状態を、オイルの補給で完全に乗りました。●規定の量よりはもともと多く入れているので、ちょっと納得いかないのですが、わずか500ccで元に戻ったので、少ないのかもしれません。●オイルが綺麗すぎて、ゲージにはっきりした判断が出来なかったので、まあ、入れすぎで回復するのは良しとしましょう。では、混雑を避けて早めの出発です。

写真では綺麗に見えますね。実は、昨日の一時雨で雨粒がそのまま乾いた跡が

昨日の走行もあったのですが、トリップは満タンからの距離。このメーター表示から今回の出発です。なお、約10%のメーターエラーがあるので、多目に出ますので、その都度換算します。

最近は、3車線の高速道路は一番左に走ることにしています。ユーチューブで遅いトラックが真ん中で走るので、トラック同士の追い越しで一番右車線を使うことで、3車線でも渋滞すると言っていた人がいました。多分、その通りなので遅いトラックは一番左の車線を走ってほしいものです。近畿道は午前6時30分過ぎには車が多いです。

西名阪も、遅いトラックが頑として右車線から左に戻りません。まあ、普通乗用車で、左で70キロ以下のちんたら走行をしている方もいるので、仕方がないでしょうが、

名阪国道の天理を過ぎた登りの車線は低速走行になっていました。

あとはおおむね交通の流れでスムースで走行できました。

大山田パーキングで初めての休憩です。向こうの大型トラックの方が話しかけてきて、しばしお話をしていました。鹿児島出身で、昔はセリカLBに乗っていて、いすゞの部品の工場で働いていたらしいです。

名古屋高速をまい進、燃料を入れることにします。

出発より218キロ走っていますが、正確には192キロくらいなので、12%くらい違っています。

口いっぱい入れると、漏れてくる可能性があります。

前回の満タンから換算して411キロ走行として、燃費は6.1となりました。市街走行を入れると悪いです。

そしてついでに洗車をしました。

洗車も済みフロントガラスが爽快な車になり、走行再開です。東名より、中央道に進路を向けます。

青空の中、100キロのスピードでマフラーを響かせながら走行。持っている中で一番うるさい?のがこの車です。

TE27がのんびり走っているのを横目に見ながら走ります。今日は、その他キャロルとかもろもろ、旧車をよく見ます。

恵那峡で昼食のうどんを食べます。

諸事情により、車高を高めにしているので、大人しい?仕様です。

走行を再開、油圧もOKで、快調に飛ばしていきます。

中津川インターチェンジより一般道におります。

国道19号に入ります。雲一つない(少々あります)青空が本当に気持ち良い。

アルプスの山々を眺めながらの走行。命が洗われます。また、長生きできそうです。

一車線になり、制限速度近くののんびり走行。このエンジンは、ちょっと苦手な部類に入ります。

旧国道19号線に入り、少し見学。

棧温泉(かけはし)は、かなりひなびたところみたいです。

木曽川の流れを見学。ひとつひとつが絶景です。

国道から県道26号に進路を変えました。裏道に入るのでしょうか、あちこちに桜が咲き誇っていました。

道が悪いのですが、スピードは控えめに。プチ北海道ツーリングな気分です。

しかし、北海道では見ないサルの群れがいてます。時には道を横断してるので、運転は注意。

道沿いに見たお店屋さんで休憩。

今月の24日からお蕎麦屋さんが新規開店するようです。

そこの宮浦さんが、ハコスカに興味があるのか、話しかけてくれましたので、お店屋さんの宣伝です。近所を走行する方があれば、食べてください。

県道から国道158号を左折して、上高地方面へ。

梓湖を左に見て、すぐに県道84号に入り乗鞍高原方面へ走ります。

途中で看板を確認。すごいペンションの数がありますが、見た感じ、すべて休業しているようです。世の中の風潮が変ですね。

さみしい観光地を通過。本日のゴールが近くなりました。

まだ雪が残る高地を走行。海抜1600メーターだそうです。エンジンも重いはずです。

本日の宿、休暇村乗鞍高原に到着しました。

走行距離は換算して本日約389キロ走行しました。夕方5時過ぎの到着です。

ひっそりと、高級車の間に駐車。ひょっとすると、真ん中が最高の高級車かな?明日に向けて体を休めます。

2日目

寒い乗鞍高原から栃木へ走ります。

(21.04.20)●さすがに1600mの高地は寒いところでした。まだまだ、雪も残っており、ここだけは晩冬のところ。●今日は、距離的に短い感じなので、一般道を走る決意で出発します。

フロントガラスの汚れを拭いて、点検作業。今日も元気に出発です。

再び県道26号を戻ります。トンネルは、夜中に走ると怖そうな感じです。

国道158号を松本方面へ。奈川渡ダムの上を走ります。先の交差点の右側から昨日は来ました。

国道は狭くてにょろにょろ道。大型バスやトラックは大変な道です。

市街地に入って運転もおとなしく。

すごいお守りステッカーの軽自動車。これは無敵です。

梓川の流れを見ながら橋を渡ります。のどか。

国道254号線に入り松本トンネルに向かいます。昔は有料でした。

桜がどこでも咲き誇っています。花見をするより、走りながら、ところどころの桜を楽しむのも一興です。

何の山でしょうか、壮大です。

一気に道の駅「雷電くるみの里」に到着しました。

以前も来たことのあるところ。しばらく休憩。

こいのぼりも泳いでいます。

なんかの石碑もあったり。そして、ここで34歳の方より、車の見学要望もあったり、しばらくのんびりしていました。

ちょっとのんびりしすぎたことと、エンジンのプラグがかぶってきて、機嫌が悪そうなので、そこからは高速道路で向かうことに。

小諸インターから入り、エンジンを回します。

メーターエラーがありますので、100キロは全然出ていません。

横川サービスエリアで休憩。バックの壮大な岩山をバックに撮影。

横川駅にある釜飯やさんの店がありますね。

再び高速を飛ばします。あくまでも大人しく。

関越道から北関東道に入ります。

関東は、いろんな高速道路のネットワークがあるので、どこに行くにも便利なような気がします。

東北道に入り、栃木インターで出ます。

高速を出て、すぐにガソリンを入れます。ここはスタンドの方が入れますが、いっぱいいっぱい入れてくれたようです。

換算で449キロを走ったので、燃費は7.8くらいです。一般道も走っているのでそこそこです。

そこより、渡邉さんところに向かいます。

到着してすぐに、野口さんと渡邊さんが、戻ってきました。野口さんの知り合いのGT-Rオーナーのところに行っていたそうです。

渡邉さんよりトーチを見せていただきます。

桜をかたどっています。アルミ製で重くもなく、軽くもなく。72000円で購入したようです。ただし買えるのは聖火ランナーだけです。

大橋さんを加えてあれやこれやとお話。

渡邉さんのお母さん正子さんと、大橋さんのツーショット。

お庭の花の綺麗です。

皆さんとの記念写真を撮影。

そして、いつもの栃木グランドホテルに宿泊です。前回とは違い、たくさんの車が駐車していました。

ここは屋根の下に駐車できるので、いいところです。

本日は換算で262キロの走行距離。一般道路も走っていましたので、これくらいがちょうどいい感じです。

3日目

栃木より東北道のプチツーリング。福島に向かいます

(21.04.21)●今日は朝から3台のプチツーリングとなる予定。●野口さんは今日は山形方面へいくので、一緒に東北道を北に向かいます。●その前に栃木市内をちょっとだけ走ります。

駐車場に午前9時に行くと、すでに渡邉さんが来ていました。

栃木市内を練り歩きます。

蔵の街の巴波川の鯉のぼりのところに来ました。

鯉の向こうにハコスカ。絵になります。

そこから、インター近くのガソリンスタンドを目指しますが、渡邉さんの運転の神山さんは、昔空もラバーソウルは飛びますの写真を送ってくれた方です。書き忘れてますが、神山さんは東京小平の方で、このために朝5時から駆けつけてくれたそうです。

野口さんだけが給油をして、出発です。

栃木インターから入場しました。

北へ目指して3台の激走です。

空いた、東北道を渡邉さんが飛んでいきました。

横に並んで、音を楽しんでもらいます。

上河内サービスエリアに到着しました。

ここで、渡邉さんと神山さんとはお別れします。

しかし、見学者も加わり、約1時間余りのハコスカ談義が始まりました。

磨き上げた渡邉さんのエンジンは芸術品です。タワーバーは友達のワンオフです。

60歳以上の爺の集まり。また、会いましょう。

2台となってさらに東北道を北上。後ろから、かなりのスピードのフェアレディが抜かしていきました。お互い挨拶。

道は空いていますが、スピードを守って走ります。覆面パトカーもいましたので、注意です。

阿武隈パーキングで休憩。ここで、野口さんは山形方面に向かいます。

そして、見送ってお別れです。また、会いましょう。

東北道を矢吹インターで降りて、無料のあぶくま道に入ります。

そして、いつもの菊地さんところに立ち寄りました。

仕事を午後からにしていただき短時間ですが、いろいろお話をして親交を深めます。この時期、どうもありがとうございます。お互いに頑張りましょう。

菊地さんところを後にして、富岡町方面に向かいます。

多分、県道40号線を走っています。正直、裏道のようなところを走るのは好きです。

いったん、再びあぶくま道路に入ります。

県道145号と思いますが、対向にも苦労する道のような。

とも思えば、道路が完成して、まっさらな道に入りました。

富岡町に近づき、もう少しです。

今回の目的地のひとつ、富岡駅に到着します。ここにある売店で購入することです。

地元の方でしょうか、車を一生懸命に見ていました。

常盤線の特急が、ちょうど到着しました。

この線路が復旧した当時来ました時には多く人が来てました。ハコスカとツーショット撮影しています。

駅を離れ、国道6号を北に向かいます。この付近の商店は、再開するのでしょうか。

右には当時より白のハコスカがおいています。このまま朽ち果てていくのでしょう。

付近の会社、商店は復活の様子がまったくありません。

道沿いのフェアレディもナンバーなしなので、当時から止まったまま。

ハコスカのシルエット。その影だけでも、かっこいいと自己満足です。

国道6号沿いの道の駅「そうま」で一休み。

そして、ひたすら国道を走ります。

今日のホテルに近付いてきました。

常磐線の新地駅近くにできたホテルが、今日の宿です。

走行距離は換算で、290キロくらいです。後半、一般道路が多かったので、頑張って走りました。

4日目

ほぼ走るだけの一日になってしまうであけ、青森へ

(21.04.22)●本来は昨日は松島に宿泊していましたが、宮城の状況で予約していたホテルが休業になってしまいました。●仕方なしに福島の相馬に宿をとったので、道のりは長くなりそうです。●不思議と、日々GT−Rはエンジンの調子がよくなり、軽くなって

今日のホテルは新地駅前で部屋から電車が見えて楽しかったです。

再び高速の入り口まで国道6号線を走ります。

宮城に入ると、道沿いにも芝桜。活気があります。

山元より常盤道に入ります。いつものように100キロ制限を元気に走ります。

仙台市内を抜け、三陸道を走ります。続けて制限速度は100キロです。この辺では大抵、速度はそれ以下で走っている車が多いです。

矢本パーキングエリアで休憩。太陽の反射で輝いているハコスカ。

遠くに雪山(栗駒山かな?)を見ながらの爽快なドライブ。

志津川のインターで降り、先のスタンドで給油します。

前回の給油から換算で436キロ走行になります。

燃費は7.7です。8にはサファリHTは届かないようです。

午前11時30分すぎ、今日の唯一の目的地、南三陸の松野やさんに到着しました。あれ?暖簾がかかってない。休みかな?
 

しかし奥さんは歓迎してくれます。店は休業のようです。

店内はいつものような感じです。地元のテレビでサンドイッチマンが訪れて紹介してくれたおかげで、年始から大繁盛していたようです。

ご主人とおかみさんの心尽くしの特別家庭料理をおよばれしました。

今日は、一緒に食事をしました。1か月前、体調を崩して入院していたようですが、そんなことは微塵も見せず、元気にお話をしてくれました。

ゴールデンウイークは道の駅「むろね」でイベントの特別に販売するようなので、ぜひ行ってください。その時は私に言われたと申しましょう。そして、1時間余り、疲れているようなのにありがとうございます。

午後1時過ぎには、今日の激走のため出発。あと300キロ弱の道のりです。

若柳金成インターより東北道に入ります。

青空の中、ハコスカは疾走します。気分は最高。

パトカーには注意しながら。と言っても、捕まるスピードは、最近は出さない。

ここから120キロ制限道路に入ります。2車線なので、なかなかですよ。

メーター上は猛烈な感じですね。気分はサーキット走行。

しかし、これでも違反には捕まらないぎりぎりのスピードでしょうか。

室内は、ほとんど風とエンジンの音しか聞こえません。音楽はほぼ耳に入らない。

あっという間に、120キロの速度制限は終わります。

岩木山と思いますが、雄大ですね。

ここで、二股に分かれ東北道に引き続き走行です。

桜が八分咲きの中を走れることに感謝です。

最後のサービスエリア「津軽」で休憩。車は五台ほどしか止まっていません。ほとんど、わたしも、おもいやり圏内に近付いてきているかも。

黒石インターより高速を出ます。

赤い欄干と、再びハコスカシルエット。

そろそろ、今日のホテルに近づきました。

到着。本日は417キロの走行でした。はしったね!

指定の駐車場に止めました。今日もご苦労。

5日目

久しぶりに竜飛岬へ向かう

(21.04.23)●連日天気も良く、走るのは最高な日々を過ごしています。●体力的も絶好調ですし、車も日々調子が上がってきている感じです。●今日は、高速も使わないので距離は短めになりますが、そのほうが、周りの景色が変わるので楽しいでしょう。

朝は、黒石のこみせ通りの見学がてらの散歩です。

古い建物が多くあります。

こみせの見学をしています。看板も、何故か楽しい。

消防施設のレトロ感、すごいです。

ハコスカを置いている駐車場。夜はわからなかったのですが、横の施設も趣もあります。

久しくオイル点検。Hレベルのはるか上ですね。

今日も元気に走ってください。

昨日の宿は「こみせの宿 ホテル逢春」です。安くてよかったです。

こみせ通りで記念写真。朝、9時過ぎに出発です。

すぐに近くのスタンドでガソリンを入れておきます。

走行は、換算で296キロ走行です。燃費は7.3とさらに悪い。多分、昨日の120キロ制限道路も入れて、スピードを出しすぎかもしれません。

県道13号線を黒石市内を北上していきます。

咲き誇る桜は、そこら中で見れます。

岩木山を横に見ながら走ります。

ここより国道7号に入りますが、すぐに赤に変わりますし、赤の時間が長すぎて、なかなか通過できません。

7号線を左折して、国道280号線にはいります。

竜飛に向かい北上していきます。

村の駅「よもっと」にて本日初めての休憩。

信号もなし、快調に走っていきます。

ここより、左に県道12号を左に向かいます。

室内は音楽がかかっていますが、ほとんど聞こえません。マフラー音とエンジン音、そして景色だけがお供です。

津軽今別の新幹線駅前を通過。人が住んでいない駅ですが、立派です。

まっすぐな道は、津軽でもあるんです。

またまた来ました、青函トンネルの入り口。

新幹線の開業5年ですが、このトンネルは在来線の特急が通る時から、よく来ていました。

丁度、貨物列車ですが、トンネルより出てきたのを撮影できました。

再び、竜飛岬に邁進します。

海沿いの、漁港の街を抜けていきます。この辺は、道も整備が遅れているような感じです。

まもなく到着。ホテル竜飛は昔泊まったことのあるような。

竜飛岬に到着。ハコスカはどこでしょう?

一見小さい車がハコスカです。

左が駒ケ岳で、右のほうの低い台形の山が函館山です。北海道が呼んでいる。

日本で唯一の階段国道。車は通れません。

こんな感じで歩道専用の階段です。

今回の東北ツーリングの大きな目的である、竜飛岬に行くことが完了。これより、南に帰るたびです。竜泊ラインを使います。

すぐにある展望台で岩木山をバックに撮影。

日本海を見ながら、道を下っていきます。

国道339号を走ります。

十三湖北にある道の駅「十三湖高原」で休憩。しじみがとれるところなので、そのドリンクを購入しました。

五所川方面を目指して、コメ米ロードを走ります。

すぐに、ここより津軽自動車道に入ります。ちょっと、時間がかかりすぎました。

制限速度を70キロなので、それなりのスピード。しかし、後ろのライトバンがあおり気味なので、ちょっとゆっくり走り、バックミラーで睨んだら、一気に車間を開けてくれました。

浪岡インターチェンジより東北道に入ります。

前のワゴンにつきます。東北道は工事が多いです。

高館パーキング休憩です。先ほどのワゴンの方から車の見学希望。今回は、話しかけてくる方が多くいられます。

この方は大阪の方で青森に出張で来られています。ハーレーの1980年代を乗っているようです。

東北道は一区間だけの走行で、次の黒石インターで出ます。

インターの出たところの止まれの標識の赤の無くなっていて、気が付きにくかった。危ないです。

国道102号線を走ります。桜の道の両サイドにあり綺麗。この時期に東北に来てよかったです。

そして、十和田湖に近づき高地になるにつれ、雪が残っています。

まったく道は影響ないのですが、まだ冬の名残があります。

今日の宿が近づきました。

今日は「十和田プリンスホテル」に宿泊です。フロントの方や、バスの方の、しばしの車の見学もありました。

ここで、山形秋田方面を走ってきた、野口さんと合流しました。

本日は234キロの走行です。最後少し高速を乗っただけの一般道中心でしたので、走行は少なかったです。

6日目

十和田湖より遠野へ

(21.04.24)●本日は土曜日です。またまた、天気に恵まれています。●今回は、一回も雨に合わず、良い日々を過ごしています。●明日は、仙台フェリーふ頭に行くだけになりそうなので、実質的には、東北の最後の走りと言ってもいいでしょう。●ちょっとだけ野口さんと走り、お別れです。

十和田プリンスホテルは、価格も安くて良かったです。特に、働いている方々の対応がよかったです。

十和田湖の桟橋には朝から釣りをしている方がいてます。

気温は現在7度くらい。大阪では冬になる季節です。

本当は、私を歓迎してくれていたような?

さて、朝のガラス拭きも終わり点検も終了、出発します。

ホテルを出て、ほんの少しだけ一緒に走ります。

十和田湖ともお別れです。

発荷峠展望台で記念撮影。

十和田湖をバックに、「ニコッ」と、おっさん二人。絵にはなりません。

国道103号と104号の交差点で、野口さんは東京へ帰るのでおわかれしました。

二戸方面に走りますが、県道32号を使ったみたいな気がしますが、定かではありません。

多分ですが県道24号を使って、道の駅「おりつめ」に到着です。ここも桜が満開。

しばし、道の駅で休憩しています。

途中、久慈の「琥珀博物館」前を通過。割と車が多く止まっていましたが、今回は通過。

そして道の駅「のだ」に到着、すぐに私を待ち構えていた佐野さんが到着しました。

電車に乗り遅れた高校生が興奮してハコスカを見ていました。本人らは、5000万円ですかと言っていて、まだ、あまりわかっていないような感じで すが、興味を持っていたら将来が楽しみです。

さて、S20エンジンを見ていますが、区別がついているのかは不明ですが喜んでいました。

国道45号線を二台で走ります。

町のキャラクターですが、何故か個人的には不気味。

普代に到着。ここに来たというのは。

トラ君に面会です。毛が生え変わる時期です。

しかし、いないはずの松葉さんが待っていました。時期的に漁が忙しいので不在と思っていました。

5月に予定していた普代のイベントも中止になったがっくりしていました。しばしお話をして、お別れです。

普代の街の中を通り、次の目的地に向かいます。

三陸も高速道路がほとんどできて、移動が速くなります。しかしこの辺は、ところどころ旧道に戻ります。

宮古を過ぎ国道106号を走ります。

ここは、あえて旧道を走るとガラガラです。

そして、遠野に行く国道340号線は新しくトンネルも開通して、かなり速く行ける感じです。

峠を越えると、あとは下り。トンネルが完成して、本当に楽になりました。

途中では、バスも土に戻るのか?かなり古いバスです。

遠野市街に到着しました。まだ午後4時前なので、本日は早くホテルに着きそうです。

いつもの熊谷さんところでガソリン給油。

あれこれ、遠野の状況についてお話もしました。

換算で507キロの走行になります。積算計は1万を超えています。

燃費は8.4と言う、今回の新記録が出ました。

遠野駅を見て、まもなくホテルに到着です。

本日は278キロ走行でした。割と走っていました。

ホテルの駐車場です。いつもですが、大人しい夜になっています。

7日目

遠野から仙台のフェリー乗り場に

(21.04.25)●午後0時50分発のフェリーに乗るためには、出来れば午前11時30分にはフェリーふ頭に到着したいとところ。●朝8時40分にはホテルをでて東北道を走ります。

朝のホテルの駐車場です。

見送りツーリングをしてくれるそうで。後ろがホテル。熊谷さんの優陽君も参加。

手前にあるとうふ屋さんの方々もお見送りしてくれました。

午前8時50分頃、遠野市街を走り3台が出発。

すぐに釜石道に入り、花巻方面に向かいます。

空いている釜石道を90キロの速度で走行。

1車線ですが、走りやすく快適です。

久しぶりに見たGTです。元気に走っています。

朝は短めですが、元気に走ります。

東和インターで2台とお別れ。

佐野さんいつもありがとうございます。

熊谷さんと優陽くんも、名残惜しいですが、お別れしました。

熊谷さん、佐野さんの車が離れていきます。分かれは、いつもさみしいですね。

そこから、南に向かい東北道を激走していきます。

ちょっとだけ、制限120キロの道を飛ばします。

今日の東北道の交通量は、大昔の名神高速道路の交通量位の走りやすさです。

前沢サービスエリアで休憩。ちょっと寒いので、ヒーターのコックを開けます。

オイルクーラーの前に、この季節でしたら段ボールをはめています。これでも油温は70度くらいです。

仙台に近づくと、時間的に余裕が出てきたので、スピードも抑えて走っています。

ここより三陸道に入ります。もう少し。

仙台港北インターで下ります。今日は日曜日なので高速道路も割引です。

港に到着。その前にスーパーで買い物も終わっています。

午前11時30分に仙台港に到着です。

最低地上高は、周りの車と比べても高く見えます。

今日は、後ろより乗船します。

本日の走行は、換算で195キロでした。実質走った時間は2時間30分くらいです。

ほぼ船の中ほどの駐車位置です。シャコタンコーナーではなかったです。

午後0時50分仙台港を離れます。出航は哀愁の感覚です。東北は、また秋にきます。

午後2時40分にはすれ違いの「きそ」が見れます。天気は曇りがちですが、綺麗に見えました。

お客さんはガラガラです。船内は豪華。

ちょっと南下してきたのか、青空も見えます。今日は食品を買い込んだので、レストランに行かなくて済みます。昼寝をたっぷりして、今日はゆっくりしました。

8日目

東北ツーリング終了

(21.04.26)●午前10時30分名古屋港に到着して、大阪に帰るだけなのです。●大阪は、昨日から緊急事態宣言と言う事が始まっているようなので、活気がなくなるでしょうね。

伊勢湾に入り、もうすぐ名古屋港です。

車を下ろし、記念撮影。ここでも、好きな人から話しかけられました。私の年齢を聞いて、まだ若いと言ってくれてます。

東名阪を走って大阪に向かいます。割と涼しく、快適なドライブです。

今日は大人しく、90キロ走行です。それでも違反ですが。

ここより西名阪高速道路に入ります。

近畿道です。ゆっくり走る車は、大体真ん中で走っています。左の方がすいています。

到着して、すぐガソリンを満タンにしました。前回の給油より410キロ走行となります。

今回の燃費は8.1が出ました。サファリHTの燃費はツーリング、これぐらいでしょう。そして、全走行距離は2288キロでした。今後はメーターエラーが少なくなるようピニオンギヤーの数を増やします。今回も無事に走り切り、サファリHT君にご苦労さんと言いました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

携帯のメールアドレスはahakosuka.844@docomo.ne.jp(スパムメール防止策をしています。頭のaを消して送信してください)